夢・異世界・謎

【謎】ヴォイニッチ手稿とは

投稿日:

ヴォイニッチ手稿

画像出典:http://beinecke.library.yale.edu/

オカルト好きの間では有名なヴォイニッチ手稿。最近までぜんぜん興味がなかったのですが、明晰夢で異世界らしき場所を何度も訪れ、不可思議な記憶が鮮明に残るようになってから、気になり出しました。

デタラメ説もありますが、もしかすると異世界から来た遠い昔の異世界の人、あるいは異世界に迷い込んだ人が残した記録だったら面白いと思って、情報収集しています。

随時更新予定。

っと、いきなり余談かつ、ある映画のネタバレ。
映画のタイトル忘れましたが確かk-paxという名前の星から地球人を調査にやってきた異星人の映画がありました。異星人と名乗るので精神異常扱いされ、地球に降り立つとすぐに入院に。そのため、精神病院内のことばかりですが地球の生活について、そのk-pax星人は手帳にメモってるんですね。
ヴォイニッチ手稿が、そういうものだったら素敵だな、と思ってます。

ようやく本題。

■ヴォイニッチ手稿とは?
ヴォイニッチ手稿(Voynich Manuscript)は、1912年にイタリアで発見された古文書(写本、とも言うらしいが、原本が他に見つかっているわけでもない)

■特徴
240ページ程度。
羊皮紙に書かれている。
暗号解読の専門家たちでも解読できない謎の文字で記されている。
実在しない草花や、占星術のホロスコープとおぼしき絵、入浴中の女性たちなど、多数の奇妙な絵が描かれている。

■現在までに分かっていること

ヴォイニッチの名前は、発見者であるイタリアの古物商、ウィルフリッド・ヴォイニッチに由来する。イタリアのモンドラゴーネ寺院で発見された。

この挿絵付きの手稿は、現代までに言語学者や統計学者、暗号解読のプロらが次々と解読に挑んだものの、2015年5月現在、未だに解明されていない。

デタラメ説もあるが、完全なデタラメとは思えない、自然言語の特徴を持っている。

現在はアメリカのエール大学(イェール大学)バイネッケ稀少図書・書簡図書館で保管されている。

書かれた年代は、1404年から1438年の間。

アリゾナ大学物理学科の准教授Greg Hodgins博士らはイェール大学に協力を得て手稿の羊皮紙のサンプルを得。

加速器質量分析の結果、「ヴォイニッチ手稿」の年代を1404年から1438年と特定された。

■ヴォイニッチ手稿の全ページが見られる!

ハフィントンポスト日本版で、全ページが閲覧可能です。

http://m.huffpost.com/jp/entry/6223196

参考:

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」の年代が特定される

謎に包まれたヴォイニッチ手稿のこれまで判読不能だったページが修復される。だが内容は依然として不明(カラパイア)

<関連記事>

【ヴォイニッチ手稿】錬金術師によるデタラメ?異世界の記録?【随時更新】

ヴォイニッチ写本の謎

-夢・異世界・謎
-, ,

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.