オカルト・怖い話 予知・予言 天災・事件

【人類滅亡説】恐怖!世界に鳴り響く『アポカリプティック・サウンド』とは?【ヨハネの黙示録】

投稿日:

世界では大きな地震が頻発し、日本でも箱根の噴煙に続きついに浅間山まで活動開始、地震予言のあった5月22日は都心に大きな被害をもたらす地震はなかったものの、奄美北部で震度5弱がありました。

2012年の人類滅亡はなかったものの、マヤ予言の期日は2015年9月に修正されたなどの噂もあって、「やはり終末は近いのでは」と思っているところに、追い打ちをかけるようなオカルトな情報が。

■空の彼方から鳴り響く爆音『アポカリプティック・サウンド』とは?

映画『2012』のような災厄はなかったものの、2012年あたりから世界中で「空から恐ろしい音が鳴り響く」という、不思議な現象が頻発しているようです。

その音は、『アポカリプティック・サウンド』(apocalyptic=黙示録的な)と呼ばれ、新約聖書『ヨハネの黙示録』で「最後の審判」の開始を告げる天使のラッパの音ではないかとも噂されています。

天使のラッパ

天使のラッパは7回吹き鳴らされ、1回ごとに地上に大きな災厄が起こり、最後のラッパでついに最後の審判、人類滅亡へ。

アポカリプティック・サウンドを耳にした人々は、

動物が吠えているような、さび付いたドアを開けているような低い音

引用元:http://www.narinari.com/Nd/20130922864.html

まるでトランペットなどの金管楽器を全力で吹いたかのような、耳障りな大音響。ホラー映画のワンシーンが脳裏をかすめるほど、おどろおどろしい異様な気配

引用元:http://tocana.jp/2015/05/post_6456_entry.html

などと表現しているようです。

実際の音はこちら↓

『アポカリプティック・サウンド』はこんな音!

ちなみに、2012年頃から現在に至るまでに、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・フランス・デンマーク・スペイン・ノルウェー・ポーランド・ギリシャ・ウクライナ・ベラルーシ・ロシア・ブラジルなどではすでにこの音が確認されているそうです。2015年4月4日にはドイツでも。(この日は確か、皆既月食でしたね)

そして、なんと日本の東京都でも、2012年3月の時点では確認されていたそうです。

■アポカリプティック サウンドの正体は?

youtubeのコメント欄にもありましたが、この音、どうも『宇宙戦争』(スピルバーグ)で、トライポッドが現れて発する音とそっくりです。

『宇宙戦争』(トムクルーズ主演・スピルバーグ監督)MOVIECLIPはこちら↓

ちなみに、現在までこの音の正体はハッキリしておらず、

・大気中の放電現象にともなって発生する電磁波によるもの

・地球のプレートが動いて摩擦が生じている、摩擦音

・気象兵器と言われているHAARP(ハープ)の音

・宇宙人の来襲の音

・神からのメッセージ

などなど、いろいろな仮説が飛び交っているようです。

参考:

世界各国の空に鳴り響く、恐ろしい爆音「アポカリプティック・サウンド(終末音)」の謎!!

街に響き渡る不気味な音の謎、一部住民は“スカイクエイク”疑う。

2012年になってから世界各地で「終末の音(アポカリプティックサウンド)」が確認されまくっているらしい

宇宙戦争 [DVD]

-オカルト・怖い話, 予知・予言, 天災・事件
-,

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.