精神世界・スピリチュアル 開運・願望実現

【引き寄せの法則】嫌いな人との縁を自然に切る方法

投稿日:

嫌い

■嫌いな人との縁を自然に切る方法とは?

「引き寄せの法則」では、好きな人や叶えたい願いを強く願ったり考えたりすることで、対象を引き寄せます。

実は、「嫌いな人と良く顔を合わせる」「自分は避けたいのに向こうからつっかかってくる」のは、自分が相手と会っていない間も「やだな、あの人」「前に会ったときのあのことが許せない」「怖い、会いたくない」とふとした瞬間に考えてしまっているため、嫌な「引き寄せ」をしてしまっていることが原因の場合があるようです。

そのため、嫌いな人と自然に縁を切るためには、その人に対して『無関心』になることが重要です。

その人が何をしてるのか気になって、例えば嫌いなのにその人のSNSを見に行ったり、共通の知り合いにさりげなく探ったり、近くにいるときさりげなくチラ見したり・・・それも全て、嫌いな人への関心とさらにその人へのマイナス感情を引き起こす原因となってしまうのだそうです。

最初はなかなか、嫌いな人のことを考えないようにするのは難しいものですが、可能な限り、
・顔を合わせない
・情報が入らないようにする

「逃げ」に思えるかもしれませんが、これこそが、嫌いな人と自分の間に出来てしまった「マイナスの絆」を細く、枯れさせるためには大切なのです。

大嫌いで、絶対に許せない!と思える相手でも、ずっと顔を見ることもなく、その人についての情報が入ってこないとなると、人間は目の前のことを最優先するので、自然に関心は薄らいでいき、気付けば縁がすっかり切れているそうです。

とはいえ毎日、会社や学校で顔を合わせると難しいですよね。
ところがその場合でも、極力「無関心」を決め込み、何か嫌なことをされたら相手を「分かりあえる(はず)の人間」だと思わず、例えば「言葉の通じない怒ったゴリラに襲われた」というような考え方をしてなるべく相手を刺激しないようにしていくといいそうです。動物園でゴリラにキバをむかれても、そのときは怖かったり理不尽な気持ちになっても、数日立てば「あのゴリラ嫌い」とずっと考え続けることはないのではないでしょうか。あるいは、毎日通る道で必ず吠えてくる犬にも、人間に対するよりは「嫌い」という感情はわかず、毎日吠えられるとわかってはいても、吠えられたことをずっと一日中引きずることはないのではないでしょうか。

よく、スピリチュアルでは「嫌い、憎い、許せない相手にこそ愛を送れ」などと言いますが、無理なものは無理。その場合はまずは自分の心に正直に「嫌いなものは嫌い、憎い」と認めて、その上で無理のない方法から試していけばいいそうですよ。

-精神世界・スピリチュアル, 開運・願望実現

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.