書籍・マンガ 精神世界・スピリチュアル

【本の感想】本物のサイキックカウンセラー!原田真裕美さん『自分のまわりにいいことがいっぱい起きる本』

投稿日:

『督促OLの修行日記』の本の紹介記事と同様、以前やっていた自分の読書感想文ブログからの再掲載です。

『自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本』は、天職を探している、人間関係に悩んでいる性、これから子どもを生むべきか迷っている、不倫で悩んでいる・・・そういった女性に特におすすめしたい本です。昔は新書で買ったのですが、現在は売り切れのようですね。と思ったら、ちゃんとkindleで販売されていました。

自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本


■著者の原田真裕美さんはアメリカで活躍するサイキックカウンセラー

原田真裕美さんというサイキックカウンセラーで、歌手や著名な方々のボイストレーナーとしてアメリカで活躍されている方がいらっしゃいます。その著書「自分のまわりにいいことがいっぱい起きる本」は、自分ばかりがなぜこんなに不幸せなんだろう、人とうまくいかないんだろう、恋愛が、仕事がうまくいかないんだろう・・・と八方塞がりになったときに、暗闇に沈んだ心に光をもたらしてくれる本だと思います。女性向けに特化して、同じ女性の目線で書かれているので男性の霊能者や心理学者の書いている内容よりも、個人的には「分かってくれている」感がありました。

原田さんは霊とコンタクトする能力をお持ちで、自分や他の人の過去世も分かるそうです。そのため、その人がなぜ今こうして苦しんでいるのか、それにはどんな意味があるのか。人生の選択で迷った時に、どうすべきかの答えを、はっきりと分かりやすい言葉で、この本の中で教えてくれています。

たとえば、なぜか人間関係がうまくいかないときは、

「それは、あなたがいるべき場所ではありません」

私は以前、自分が仕事の人間関係で悩んでいたとき、この言葉を読んで心の底から楽になりました。そして、次の、本当にいるべき場所を探す勇気が湧いてきたのです。

結構ビシッと書かれています。

「人間関係に恵まれていないと感じるのは、魂レベルでお付き合いできる人が、自分の存在する空間にいないからです」
「悪い人間関係というのは、不満を抱えながら、イヤイヤそこに存在し続ける人が集まるときにできあがります」
「できることなら、とにかくその場から一刻も早く抜け出して、自分の理想とピッタリくるエネルギーの人を探してください」

自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本より

無理に、マゾヒスティックに苦しい場所に留まって修行・・・なんてやってたら、苦しいだけで人生が終わってしまうかもしれませんよね。飛び出す勇気を与えてくれる本です。

自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

-書籍・マンガ, 精神世界・スピリチュアル
-, ,

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.