映画・海外ドラマ

【映画レビュー】アナザープラネット、想像と違った【ネタバレ】

投稿日:

ある日突然、もう一つの地球が現れ、そこにはもうひとりの自分が住んでいる。パラレルワールドだ!!SFだ!!とワクワクして観たのですが、想像とは違った雰囲気だった『アナザー・プラネット』

以下、ネタバレ含むあまり役に立たない雑感。

まず、これは観る人の倫理観によって、SF設定部分以外のところで評価が分かれるだろうなーと。

正直なところ、私は主人公ローダの行動が納得も共感もできませんでした。残念。

私がもし、飲酒運転の未成年にお腹の子どももろとも殺されてしまった妻なら、償いだの癒しだの罪滅ぼしだのと理由をつけて、残された旦那と肉体関係を結ぶなど、

絶対に許さない。

絶対に祟ってやる。

 

さて、SF部分や全体のトーンは、静謐、という言葉が良く似合う、2001年宇宙の旅やk-pax星人が出てくるあの映画やソラリスや、最近でいえばインターステラーのような、哲学的な問いかけを含む上質なSFの雰囲気があって結構好きでした。

華やかでどんどんストーリーが展開していく海外ドラマに慣れているとちょっと眠かったりもしますが。

結局、なんであのパラレル地球が現れたのかは分からずじまいで、あの星のことはあの2人以外は全然分からないので、「アナザープラネット」というタイトルに惹かれてよその星の謎、パラレルワールドの謎を知りたくて観てた人には肩すかしかもしれません。私だけかもしれませんが。

ネタバレ、と言いつつ最後のシーンについては、ローダに共感できなかった身としては、せっかくそこが気にならないか感情移入できれば素晴らしいエンディングなので、感動をぶち壊さないためにもコメントを控えます。

★すぐに観られるAmazonビデオ(予告編動画あり)

アナザー・プラネット (字幕版)

新品価格
¥250から
(2016/5/14 23:12時点)

-映画・海外ドラマ
-,

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.