夢・異世界・謎 精神世界・スピリチュアル

【夢メモ】今の人生に一番近いパラレルワールド、アメリカのどこか【異世界】

投稿日:

NY何人かのグループで、仕事でアメリカの大都市に来ている。その仕事は、何か絶望的な世界の状況の中で、自分たちだけは助かろうとするための、でもうまくいってもどうせ最後には始末されてしまうだろうとの悲壮感を伴ったもの。

その仕事の半ばで、少し時間に余裕が出来て、私たちはどこかのビルの屋上から、摩天楼を見下ろすことになった。昼下がりくらいの時間。

そこには、現実の人生で喧嘩別れしたT君もいた。そこでも気まずさが漂っていて、私たちは一言も会話していなかった。

誰かが、デジカメを取り出して摩天楼を撮影し始めた。他の人たちも、画像をとり始める。

私はそんなこと思いつかずぼんやりしていたので、はっとする。

そういえば、もうずっと観光なんてしていない。海外にもいっていない。心が疲れ果てているからかもしれない。

少し、この場所を楽しんでみよう。

そう思って、景色をじっと観てまぶたの裏に焼き付けた。デジカメを持ち歩く習慣がなかったから。iPhoneはこんなときですら電池を気にして、使わなかった。

それから、お土産でも買おうとと思って、下のショッピングセンターに行こうとする。屋上からは、2mほど下に、センターに行くエスカレーターがあるので、そこに向けて飛び降りようとする。買い物しようにも、両替すらしてないことに気付いて、両替はどこだろう?と思ったところで目が覚めた。

-夢・異世界・謎, 精神世界・スピリチュアル
-

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.