映画・海外ドラマ

【映画感想】ロビンフッドはジョン王の時代の話。蜂蜜酒ミードが美味しそう

投稿日:

ラッセルクロウがまたウオォォォーッと叫んでる『ロビンフッド』を観ました。

※Amazonビデオより

ロビン・フッド (吹替版)

 ところで、NOAにグラディエーターにビューティフルマインドに・・・と立て続けに観ているので友人には「ラッセルクロウ好きなんだね。いいよねマッチョで渋いよね。伏し目がちがなんともいえないよね!」とか言われましたがぜんぜん、ラッセルクロウが好きなわけではありません。が、ワクワクする歴史超大作が好きで観ようとすると、リドリースコット監督作品のことが多く、リドリースコット監督作品を選ぶと主演がたいがいラッセルクロウなのです。でも、もちろん嫌いじゃありません。

ロビンフッド

 

なにこれ。誰だこれ。

今まで観たメニュー画面で一番ひどい。

 

と思ったら、蜂を飼ってるタックとかいう神父司祭でした。

以下ネタバレあり感想。

フォンテーヌブローの森で恐らく採れたての牡蠣を食べてるフィリップ王、うらやましい。

ラッセルクロウのロビンフッドは、グラディエーターのまんま。

リチャード獅子王、開始30分立たず敵にやられる。

・・・あとは、ジョン王って悪いヤツなんだなーと、みんなが知ってる森のおとっつあんなロビンフッドになる前、こんなものすごい戦いを勝ち抜いたんだなーとか。名前忘れましたがロビンフッドの奥さんの中の人、元エリザベス女王でエルフの女王のケイトブランシェット。普通の奥さん役だけどやっぱり女王様の風格あるし甲冑つけて最前線で戦うの、似合いますね。

見終えて、この映画は『ロビンフッド』という題名ではありますが、子どもの頃に読んだ児童書のロビンフッドの前日譚なんだなと気づきました。最後の数分だけ出てきたあの服装、あれこそ子供の頃知ってたロビンフッドです。

そして、もしかすると単体では人気がなすぎて興行収入が取りにくい、イギリス歴代で最悪の執政者と呼ばれているジョン王のことを描きたかったんじゃないのかとも。『ジョン王』どっかで聞いたことがあると思ったら、シェイクスピア劇にあるようですね。ついでに、獅子王リチャードは強い最盛期ばかりが映画などなどになっていますが、死に方を知らなかったので勉強になりました。

■陰謀論者的感想

ロビンフッドの実の父親は石工だと!ロビンフッドは実はフリーメイソンの血筋だったのか。だとしたらこの映画もサブリミナル的に「石工バンザイ!フリーメイソンバンザイ!」な映画なのか・・・。

~~~~~

↓なんど、ジョン王単体で、kindleで読めます。

シェイクスピア全集 ジョン王 白水Uブックス

■ハチミツから作るお酒「ミード」が飲みたーい

見てる最中からですが、蜂蜜酒のミードが気になって気になってしかたありませんでした。調べたら、以外に安く売ってました。

ドクターディムース カトレンブルガー ハニーワイン ミード (はちみつのお酒) 750ml

新品価格
¥1,280から
(2015/6/14 21:45時点)

 ↑は評価が☆5で一番売れてますと出てきたやつです。でも、もっと高級品もいっぱいあります

Amazonで買える蜂蜜酒ミードいろいろはこちら

■ミードの作り方

自家製で作れるようですが・・・。湿気の多い日本だとカビの生えないようにの管理が難しそうです。ハチミツは腐らないので有名ですが、ビンとかにちょっとでも雑菌ついてたら・・・とか。

でも、調べたら、そのあたりきちんとできる方なら簡単に自家製で美味しく作れるようです。

作り方をレクチャーしているサイトがありましたので興味のある方はどうぞ。

↓本格的なミードを作る方法と専用キット

手作りミードキットと作り方(アウベルクラフト株式会社)

↓自宅にある材料で簡単に

自宅で簡単に作れるハチミツ酒「ミード」の作り方(icoro)

 

-映画・海外ドラマ
-

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.