世界の真実 宇宙存在S

【S】誰も浄化しないから自浄作用が働き始めた

投稿日:

天の配置が凄まじいことになっていますね

これは時限装置で

皆さんの暦でキリストの登場から2015年

数年前から準備されていた

エネルギーの転換が順調に起きている印です

 

すっかり汚染されてしまった想念の集合体は

ある業界を始めとして不正がまかり通っていた場所が

誰も浄化しようとしなかったために

ついに自浄作用が働き始めました

 

ある程度の無礼は黙認していた

本当はとてもとても怖い祟り神が

限度をこえた無礼にはついに怒りをあらわし

謝って済む時期はもう過ぎていて

いきなり、命をもって贖わせるように

 

反転は進んでいます

 

甘い汁を吸って生を謳歌していた夏の蝶たちは

冬が来る前に蜘蛛の養分となる運命に

 

奪われた者が

奪い返すことを諦めたとき

その悲しみはその人を離れ

空に放たれ

大いなる存在の知るところとなり

全体の中で復讐を請け負った存在が

非力なちっぽけな人間とは比べものにならない

大きな恐ろしい存在が

我がことのように嘆き悲しみ

復讐を果たしていくのです

 

私が手を下したのではありません

他者が手を下したのでもありません

それは起きるべくして起こり

世界は元の姿に戻ろうとします

 

不均衡の歪な姿で

現象界の富を快楽を独り占めしていたら

同じ現象界の別の領域に溜まった想念が

暖かい空気と冷たい空気が対流を起こすように

均衡を取り戻すために流れ込み

淀んだ空気は澄んだ空気へ

濁った水は清らかな水へ

 

まだ、これからたくさんの

水面下で進んでいた不正が悪が姿を見せるようになるでしょう

 

大人数の現代の奴隷を束ねていた彼は

恨みの想念に 五臓六腑をもう侵されています

ひた隠し、ありあまる富で最先端の治療を受けても助かることはありません

 

たくさんの陳情の声を無視し利益誘導をはかってきた彼は

自らその罪を贖う運命に

起きれば忘れる夢の集合無意識で

昼間無視した人々の慟哭を聞き続け心を病んで

 

現象界が望む未来に逆らって

旧来の人間の営みを固持させるため

進化を止めるために正義を振りかざし

現象界の望む未来に従い

欲を捨てた人々を糾弾する彼らは

おのれの欲の産物に苦しみ、返り討ちされ

おのれの選択を嘆くことになる

 

その姿を見てようやく気付く人々も大勢

浄化は加速して

浄化すら必要なくなるときがきて

二分化された世界が終わる

望んだ人にとっては

望まない人は 何度でも帰ってくればいい

プロメテウスの罰に似た罰を

それでもいつかは自浄作用が働くときがきて

消滅するまで続ければいい

-世界の真実, 宇宙存在S

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.