映画・海外ドラマ

映画『永久に美しく』が現実に?遺伝子治療で20歳若返った女社長

投稿日:

バイオ分野はどんどん魅力的な薬や治療法が出てきていますが、やはり行き着くのは『不老不死』ですよね。アメリカのバイオ企業の社長が、マウスを使った遺伝子治療に成功して、マウスの寿命を20パーセントも伸ばし、さっそく自分で人体実験したそうです。

わたしは遺伝子治療で20歳若返った:45歳、米バイオ企業CEO

マウスの寿命が20パーセント延びうるとされる遺伝子治療を、BioViva USA社のCEOが自身の体で試し、細胞が20歳若返ったと主張している。
http://wired.jp/2016/05/06/ceo-tests-crazy-genetic-therapy/

このニュースのタイトルを見て、記事を読まずとも「女社長だろうな」と思ったら案の定。

パリッシュCEOは現在45歳で、科学・医学の分野での正規の教育は受けていない。彼女はこの実験的な治療を、2015年9月にコロンビアのクリニックで受けたという(詳細は未公表)。

http://wired.jp/2016/05/06/ceo-tests-crazy-genetic-therapy/

ところで、ずいぶん昔の映画ですが、不老不死の秘薬を手に入れた強欲で性格の悪い2人の女性が1人の男性をめぐって死闘を繰り広げ、不死なので死ねずに恐ろしいことになるブラックコメディ『永久に美しく』を思い出しました。

メリルストリープ

映画『永遠に美しく』より

とわにうつくしく

映画『永遠に美しく』より

不老不死の怖さとしては、やはり永久に死なないことで、肉体が壊れても周囲のみんなが死に絶えても生き続けなければいけない、というのは古今東西普遍的なテーマなんでしょうか。

日本では、人魚の肉を食べると不老不死になる、それは福音ではなく呪いだとして、人魚の肉を食べたせいで死ねずに孤独に洞窟に引きこもっているという比丘尼の伝説が有名です。

久しぶりに観たくなったのですが、Amazonだと吹き替え版がありました。
★今すぐ観られるAmazonビデオ(リンク先に予告編動画あり)

永久に美しく… (吹替版)

新品価格
¥350から
(2016/5/14 22:25時点)

-映画・海外ドラマ
-, , ,

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.