予知・予言 夢・異世界・謎 未分類

02【夢・幻視】中国が覇権を握る近未来の大日本民主国

投稿日:

01の続き。時空瞑想で視えたビジョン、夢なので現実ではなく100パーセント現実するものではないけれど、鮮明に覚えていて気になるため記録。

友人からの電話を受けたあと、もし出国したら日本に戻れなくなるかもしれないこと、それは収入源が断たれることであること、自身が国籍を剥奪されたうえで、夫は一度日本に強制送還されて税金や徴兵逃れの罪で服役させられ、その後に国籍を剥奪されることを考えて、どうすればいいのか分からず途方に暮れた。

それでも、シンガポールで夫を拘束した、現在でいうところのインターポールに当たる組織が、このままでは夫をどうするのか分からない。

私は、もう国際的な信用が地に落ちている日本、大日本民主国のパスポートの本体と、かつてマイナンバーと呼ばれていた総合社会保障番号を確認できるスマートフォンの端末と、一週間分くらいの夫と私の着替えや荷物をまとめて、羽田空港へ向かった。


ここで、場面はまったく切り替わる。

アメリカと中国の戦争の経過を、何かの端末で衛星放送らしきもので観ている。

日本の国会の様子も観ている。今現在の現実で見知った顔触れもいた。(あまり遠くない未来の出来事に思えて目覚めてから少し怖くなった)

気になったのは、私が現実で大ファンの某元格闘家で世界的にも大きな話題を呼んだダンスグループのリーダーが、国会で演説をしていたこと。

日本はこの未来ではほとんど中国の支配を受け入れながら、まだアメリカの庇護下にもある。

日本人の多くはこれまで通りに親アメリカで、アメリカがかつての強さを取り戻すことを願っている人が多いようだ。

しかし、その元格闘家の政治家は、元々アメリカよりも親東アジアで、東アジア共同体構想を持っていたようで。中国との協力に非常に乗り気で、また彼を支持する若い世代は、すでに第一外国語に英語ではなく中国語を選び、中国本土に留学する者も増えていた。

続く

-予知・予言, 夢・異世界・謎, 未分類

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.