いつからこの世界が現実だと錯覚していた?

現象界の初心者

【打ち切り】HBOのCarnivàleはオカルト好きには最高の名作

投稿日:

Game of ThronesにRomeにと、HBOの史劇ファンタジーはどれも大好きですが、シーズン2で打ち切りになってしまったCarnivàle(カーニバル)というドラマは、終末思想に覆われたダークで神秘的な世界観が最高に好みでした。

Carnivàleとは?

amazonvideoより



大恐慌直前のアメリカ。都市部から離れた荒野を行く巡業の見世物小屋"Carnivàle"のキャラバン。

他に行き場のない人々......異形、流浪の民、逃亡者、踊り子、社会からのはみ出し者達の最後の居場所。奇跡の力を持ちながらもそのせいで母から悪魔と罵られ忌み嫌われた孤独な主人公のベン。
ロシアからの移民で幼い頃に母を失い、姉と二人で生き抜いてきた牧師のジャスティンもまた不思議な力が発現する。

会ったことのないベンとジャスティンは共通の悪夢で繋がっていて......。

*Carnivàle(カーニバルは2018年11月現在、シーズン2までamazonのprime会員であれば見放題です)

Carnivàle シーズン1

Carnivàle シーズン2




話の展開がとてもゆっくりで正直なところテンポの悪さは感じてしまいました。聖書ベースの終末思想は苦手な人は多いでしょうし、日本だけでなく世界でも視聴率取れなかったのも納得がいきます。

ただ、この世界観が好きであれば、カーニバルの見世物小屋の独特の雰囲気、そこで生きる人達の心情をじっくり味わえます。テンポは遅いものの、どれも心に重くのしかかるようなエピソードで消化に時間がかかるからちょうどいいとすら感じます。普段からオカルト好きな方はたぶんハマれるのではと。

黙示録で終末に現れる偽の預言者そのもののジャスティン牧師がどうやって人心を掌握していくのか?あと、もう一つネタバレ避けるために書かないけど重要な部分も、ゆっくりの展開だからこそ答えを知りたい気持ちが募ります。

じわじわ恐怖感が増していって、最終話の一つ前など最高のクリフハンガーだったのですが、あの最終話に繋げてあえなく打ち切りとは。

なんとも惜しい名作でした。

あとは、ホワイトカラーのピーターになる前のティムディケイと、

プリズンブレイクのTバッグになる前のロバートネッパー出てました。

どちらも後の役に繋がるキャラでいい感じでした。

ロバートネッパー、しゃべるときの独特の抑揚と、良からぬことを考えてるときに「舌なめずり」するのがプリズンブレイクのときと一緒で、悪人っぽさがたまりません。

*Carnivàle(カーニバルは2018年11月現在、シーズン2までamazonのprime会員であれば見放題です)

Carnivàle シーズン1

Carnivàle シーズン2

-オカルト, 海外ドラマ
-, , , , ,

Copyright© 現象界の初心者 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.